スタバのコーヒーを飲んでだるくなるのは、低血糖症だった?

前回の続きです。

前にも書いたことがありますが、私はスタバのコーヒー(甘い系)を飲むと、数分後に必ず体調が悪くなります。
症状は、
生あくびが出る
ふらふらする
頭から血の気が引いたようなかんじ
動悸
起きていられないほどのだるさ
何もできない無気力
(コーヒーを飲んだにも関わらず)横になるなり数時間寝込んでしまう

大げさでなく、結構ひどい症状なんです。
これ、ずっとカフェインのせいだと思っていました。
だけど、ここまで劇症な症状が出るのはスタバのコーヒーだけで、缶コーヒーや外食のセットのコーヒーなどではここまでひどくはならず、なんでかな?スタバのコーヒーはカフェイン量が多いのかな?などと思っていたのですが。

先日発表された、この記事で納得してしまいました。
この症状、カフェインのせいでなくて、大量の砂糖の摂取による、低血糖症と思ったほうが正しそうですよね。
(大量の砂糖摂取インスリンが大量に出る血糖値が下がる)

イギリスと日本ではドリンクのサイズや中身が違うかもしれませんし、もともと外国のお菓子って歯が溶けそうに甘いものが多いですから、外国のほうが多少お砂糖の量は多いかもしれません。
それでも大量の砂糖が入っていることには違いがないと思います。

この記事によると、キャラメルマキアートには小さじ8以上の砂糖が使われているとあります。
これでも多いと思いますが、これにさらにクリームなどトッピングした場合、また、季節のおすすめ商品などいろいろなものが混ざったり乗っかったりしている場合、さらに砂糖の量が増えます。

そしてさらに怖いのは、これ、イギリスの記事ですから、単位は正確には「小さじ」ではなく「ティースプーン」です。
これは、「ティースプーン山盛り8杯」という意味なので、日本でいう「小さじ(すりきり)8杯」より多いのです!

これにさらにケーキだのパンだのセットにしていたら(これまたかなり×2甘い)、ちょっと怖すぎます~



レストランや喫茶店でたまに飲むコーヒーでは大丈夫なのに、スタバの(甘い)ドリンクでは倒れそうになるのは、カフェインのせいではなかった!?

これを確かめるべく、さっそく人体実験(^^;)をしてみることにしました。

スタバに行き、カフェラテ砂糖なしを飲んでみました。

結果。
ちょっとした胃のムカムカはあったが、それだけだった!
(胃のムカムカは、紅茶や緑茶でもなります。
カフェインに弱いことは弱いんです)

気分が悪くなることも、ドキドキすることも、倒れそうになることもありませんでした~!

やっぱ、砂糖だ!!!


残念ながら、もう私はスタバの甘いドリンクは、あきらめたほうがよさそうです。。。
ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク

だるかった理由:低血糖症?

前回の続きです。

ここ数日だるくて動けず何もやる気にもなれなかったのは、その直前外食で丼物のご飯を全部食べてしまったからではないか?というのが前回の内容でした。

こういうことは前にもあって、外食に行くと全部食べないといけないと残さず食べてしまうんですが、そのあと体調が悪くなる、体のリズムが崩れてしまうことには前々から気付いてはいたんですね。

どういう症状かというと、動けないぐらいのだるさ、何にもやる気がでない、ということのほかに、

単なる空腹と違う食欲、めちゃくちゃ何かを食べたい、みたいな、食べても食べても満足できないような、そんな変な状態になります。

そういう時、とりあえず手近にあるお菓子やパン、残ったご飯(白米)などを食べるわけですが、私は炭水化物を食べ過ぎると胃がもたれてしまう体質なので、さらに胃の調子が悪くなって気持ち悪くなり、それでも何か食べたくてしょうがない。


調べてみると、これって、「機能性低血糖症」、
簡単に言えば、私の場合、炭水化物を食べ過ぎて血糖値が一気に上がり、インスリンが大量に出て、今度は血糖値が一気に下がってしまう=低血糖状態になる

・・・のではないか、と。
検査したわけではないので、ではないか、ですけれど、自分では納得できる内容でした。


で、この症状を防ぐためには炭水化物(糖質)の摂りすぎに気を付ければいいわけですが、お付き合いなどもあるし完全に炭水化物を避ける生活はできないのだから(おなかいっぱい食べたいときもあるし)、

こういう症状が出てしまったときにどうしたらいいかを、このだるい日々に考えました。


要するに、この異常な飢餓状態をどうにかすればいいのです。
甘いものや炭水化物を摂ればとるほど症状がひどくなるのだから、

結論としては、炭水化物(糖質)以外の食べ物を(満足するまで)食べる。
この症状がある間は、糖質は食べない。

具体的には、
たんぱく質=豆腐・納豆・ゆで卵・プレーンヨーグルト・かまぼこ・チーズなど
ナッツ類
など

昨日、これらの食べ物を買いこんできて、思いっきり食べたら、今日は体調が復活していました。


血糖値のコントロールがうまくできないのは、もともとの体質(自律神経失調症)もあるし、あと、年齢的なこともあると思います。
更年期に入り、こういう身体の中のバランスがうまく取れない年齢に入ったのでしょう。
更年期になると糖尿病になりやすくなるとも言われています。


ここまでが昨日わかったこと。
そして今日、新たな衝撃の事実が!!!

前にもちょっと書きましたけれど、私、スタバのコーヒー(甘いやつ)を飲むと体調が悪くなるんですけれど、それはカフェインのせいだと思っていたんですが、

それ、違うみたいです。
どうやら、これも低血糖症の症状だったみたいです。

それはまた次回に。 ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク

だるい理由:低血糖症?

ここ数日、ずっとだるい日が続いています。

天候のせい?と昨日書きましたが、心あたりがあり…。

以前から気が付いていたことだったのですが、私はどうやら炭水化物を取りすぎるとだるくなるようなんです。

普段、ダイエットもあって糖質はあまり取らないようにしています。
と言っても全く食べないわけではなく、少なめにしているぐらいです。

火曜日、外食をしました。
丼物のおいしいお店だったので、丼物を一人分食べてしまったんですね。
丼物屋さんの1人前ですからね、ご飯、かなりの量なわけですよ。

その翌日から、だるくて動けなくなりました。

これ、今回だけでなく前にもあって、その時は気をつけようと思ったのに、すぐ忘れちゃうんですね(´д`)

どうしてこうなるかとか、こうなったらどうしたらいいかということは、時間がなくなってしまったので、また後日書きますm(__)m ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク

このページのトップへ