「ラン活」土屋鞄のランドセル

今、「ラン活」なんて言葉があるんですね~(@_@)
今年中3と中1のうちの子たちも、土屋鞄のランドセルでした。
そのランドセルが、今すごい人気とか。

たしかに、とてもいいランドセルです。
本当に質がいいんだなあと、ほれぼれするような製品です。
私が革製品好きということもあって、実物を見たときに、子供ではなく私が、「これ欲しい!」と惚れ込んでしまいました。

前にも記事にしましたが、男の子が6年間使ってもまだまだ使える丈夫さですし、ほれぼれする高級感は6年使っても変わりません。

だからこそ、小学校卒業後、このランドセルをどうしようか悩んだのです。
いいものだしまだまだきれいだし、これを切り刻んでリメイクしてしまうのも惜しいし、海外に寄付して手放してしまうのも惜しい。
できれば手放さず手元において、ずっと眺めていたいような製品です。

(寄付したのは上の子の分だけなので、まだ下の子のランドセルは手元に残っています)

土屋鞄のランドセルは、私たちが買ったころよりも、今は少し価格が高くなっていますね。
今はどうだかわかりませんが、当時は、土屋鞄のランドセルも、地元のイオンで売られているランドセルも、値段がほとんど変わらなかったので、だったら土屋鞄のランドセルにしようと思ったのでした。

-----

確かに、下校途中の小学生の子供たちのランドセルは、見た目ビンからキリまでありました。
そして、いわゆる見た目安そうなランドセルの子供たちの何人かは、5年生の後半ぐらいから、金具が壊れたりベルトが切れたりして、6年間ランドセルを使い続けることはできませんでした。
ですから、価格と耐久性は関係あると思います。

ですが、子供たち本人は、自分のランドセルが安いか高いかどうかなんて、全く関心がないのです。
うちの子たちの通っていたのは田舎の公立小学校ですから、お母さん間にブランドの競争もありません。

自分が買っておいてなんですが、ランドセル、高すぎませんか。
確かに、安いランドセルは6年間持たないこともあります。
でも、そもそも、なんで小学生は6年間耐久性のある同じランドセルを背負い続けなければならないのでしょうか。

数千円のリュックサックを、毎年買い替えたって6年間で5万も6万もしないです。
ランドセルは小学生しか背負えませんが、リュックだったら中学生になっても使えるし、他の家族が借りて使うことだってできます。

土屋鞄のランドセルは、本当にとてもいいです。
何度も言いますが、ほれぼれしてしまいます。
小学生がランドセルを使わないといけないのなら、今でもこれを選びます。

ですが、まだ使えるのにもう使うこともないランドセルを目の前にして、もったいないなーと思います。

安いランドセルでも何万もしますしね。
この数万の出費が苦しいご家庭もあるでしょうし、そもそも7歳8歳の子供が何万もするものを持たないといけないというのは、なんかおかしくないか?とも思います。

ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク

小学校卒業後のランドセル:寄付?リメイク?(続き)

下の子も小学校を卒業し、もう使わないランドセルが二つになった我が家。

寄付するか、お財布などにリメイクするか。

当事者の、子供たちに聞きました。
私「ランドセル、海外に寄付するのと、お財布なんかにリメイクするのと、どっちがいい?」

上の子「もうランドセルには思い入れはないし、この間難民の人たちの話も聞いたことだし、寄付でいいよ」

下の子「お財布にしてほしい」

すると上の子が、自分もお財布が欲しくなってしまい、
上の子「だったらやっぱり自分もお財布」


リメイク、一見よさそうなんですけれど、私の中では引っ掛かりがありました。

ひとつは、まだ十分使えるランドセルを切り刻んでしまうことに抵抗を感じること。

もうひとつは、リメイクのサイトをじっくり見てみて気になったことなんですが、

うちのランドセルはとてもしっかりした土屋鞄のランドセルなので、革がとてもしっかりしていて厚く硬いのです。
お財布にリメイクした場合、使いにくいのではないだろうか。

お財布にリメイクするには、1万円以上の金額がかかります。
一万円かけてまだ使えるランドセルを壊し、作ったお財布が使いにくくて実際には使わないようであれば、なんかもったいない。


なので、こんどはもう少し突っ込んで聞いてみました。


私「君たちの本心はどれに近い?」

1 お財布が欲しい。ランドセルは手放していい

ランドセルは寄付し、気に入ったお財布を買う

2 ランドセルを寄付して手放してしまうのはさみしい。ランドセルは切ってしまっていいから、何かの形で残したい

お財布以外のものにリメイク

3 ランドセルを寄付して手放してしまうのはさみしい。ランドセルを切ってしまうのも本当はいや

寄付もリメイクもせずしばらくとっておく


上の子は迷わず「1」。
下の子は、「3」でした。

つい数日前まで6年間毎日一緒にいたランドセルですもの、当たり前ですよね。

押入れの天袋にしまわれている上の子のランドセルを寄付し、下の子のランドセルを天袋にしまうことにします。

下の子「そのうちどうでもよくなるだろうから、その時寄付しよう」


まあ、ひとつぐらいとっておいてもいいかなー、かわいい子供たちの思い出として。
ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク

小学校卒業後のランドセル:寄付?リメイク?

下の子も小学校を卒業して、もう使わないランドセルが2つになりました。

二つとも、おじいちゃんおばあちゃんに土屋鞄で買ってもらったもの。
とてもいい品質のランドセルで、ちょっと端っこが擦れているぐらいで、男の子が6年間使ったとは思えないきれいさ。

もったいないです。ほんとうに。

あと6年は余裕で使えます。
私にあとひとりかふたり小学校入学の子がいれば、迷わず使わせてしまうが。

ということで、もう使わなくなったランドセル、
一つは途上国への寄付。
もしくはお財布などにリメイクするか。

はじめは、お財布やパスケースにリメイクがいいなと思っていたんですよね。
皮の状態がとてもいいので、金額はかかるけど、いいお財布になりそうだなと思って。

でも調べてみると、なんとなーくめんどくさそうだし(^^;)、
あと、
せっかくランドセルとして作られたのに、切り刻まれてしまうのはしのびないというか、
ランドセルはランドセルとして生涯を全うしたほうがいいのではないか、と思ったりもして、

迷い中です。

◇ランドセルの寄付
ジョイセフ 2016年のランドセル受け付けは5/31まで
ワールドギフト
ブランディア 2016年の受け付けは4/30まで

ジョイセフとワールドギフトは集荷料金がかかります。
ブランディアはかかりませんが、そのかわり買取希望のブランド品を1点以上同梱しないといけません。

売れるようなブランド品を持っていないので、ジョイセフかワールドギフトになります。

寄付用の古着がたまっているので、古着とランドセルと両方受付けてもらえるワールドギフトが第一候補です。


◇ランドセルリメイク
SNAKERのランドセルリメイク工房 一律2万円で最大5点まで作ってもらえます。
金額はかかりますが、ランドセルの徹底利用をしてもらえるし、デザインもシンプルでいい感じです。

K&K BROTHERS こちらは1点ずつ注文できます

サイトを見ると、SNAKERの製品もいい感じなんですよね。
2万円か~どうしようかな~。

ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク

このページのトップへ