ドラム式洗濯機から縦型洗濯機へ買い替えて感じたこと

前回、ブログの更新をお休みする前に書いていた、洗濯機のお話。
最後に、ドラム式洗濯機から縦型洗濯機へと買い替えて感じたことを書こうと思いつつ、今になってしまいました。
今さらですが、参考にされる方もいるかもしれないので、書いておきます。

ドラム式洗濯機が壊れて、次に縦型洗濯機を買うことにしたのは、次の理由があります。

・スペースの問題:ドラム式は大きく狭い洗面所では圧迫感がある。また扉の向きが逆で(壁に向かって開く)使いにくかった。これが一番の理由。

・洗濯槽の洗浄:塩素系の洗浄剤しか使えない。酸素系の洗浄剤を長時間浸して汚れをはがすことができない。

・乾燥機は結局使わない:たまにしか乾燥機能を使わなかったので(数か月に一度)、乾燥させるとくさい臭いがついてしまい着ることができない。
梅雨時など乾燥機を使いたいときは、コインランドリーを利用すればいい。

(日常的に乾燥機能を使っていないと臭いが出てしまうそうです。電気代がかかるので、ひんぱんに乾燥機能は使いませんでした)

・つけおき洗いができない。

・うちは使っていませんが、マット類などドラム式では洗えないものがあります。


そして、10数年ぶりに縦型洗濯機に戻ってみて驚いたこと。

・昔の洗濯機は、洗濯水の中で洗濯物が泳いでいましたが、今の洗濯機は少ない水でぎゅうぎゅう洗うこと。
水より服が出ているんです。

洗濯機に入れるときに、軽い服は下に入れその上に重い服を入れるようにはしていますが、どうしても最後には軽い服が上になり水に浸かっていないところがあるようで、一枚の服で柔軟剤の香りがとても強いところと全然においがないところとがあります。
これって、ちゃんと洗えているのか、すすげているのか、ちょっと心配ですね。。。

・そしてこれが一番の驚きでしたが、そこまで水が少ないのに、それでもドラム式の倍の水を使うこと。
洗濯とすすぎの1回目はお風呂の残り湯を使っているのですが、ドラム式の時は浴槽の半分しか水を使わなかったのに、縦型は1回の洗濯で浴槽のほとんどの水を使ってしまいます。

ドラム式の洗濯機ってとても高いですけれど、毎日のお洗濯の水道代を考えると、トータルで見たらあまり変わりがないのかもな、と思ったりもします。


以上、洗濯機を買い替えての感想でした。
うちは、今後ドラム式に戻ることはないかなーと思っていますが、一般的にはみなさん、どちらが好みなんでしょうね。
ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク

ダイニングテーブルの下にリモコン・ティッシュの収納スペースを作りました

昨日セリアでいろいろ買ってきた物のひとつがこれ。

うちは狭いので、リモコンボックスやティッシュの箱を置くスペースがなく、なんとなくダイニングテーブルの上がリモコン×2とティッシュの定位置になっていました。

ですが、「物は物を呼ぶ」んですよね。
基本的にダイニングテーブルの上は「何もない」状態にしておきたいんですけれど、テーブル上にリモコンとティッシュが乱雑に置いてあると、どんどん物が引き寄せられてくる

定位置が決まっていないようなものなので、リモコンがそこらへんに投げ出したままになっていたりもする。

リモコンもティッシュもテーブルで使うので、テーブル周りを定位置にしたい。
だけど、物を増やしたくないし、置く場所もない。

ということで、テーブル裏に収納スペースを作ることにしました。
ネットで見ると、タオルかけやレールをテーブルの裏にねじ止めして本格的?な引き出しを作っている方もいらっしゃいますが、

私はねじ止め=穴をあける勇気がないので、突っ張り棒で作ることにしました。
突っ張り棒なのでそんなに重いものは入れられません。


セリアで買った、こげ茶の木目調の突っ張り棒と、A4の黒の書類整理ケースと、うちにあった黒の結束バンドで出来上がり。



テーブルの裏はこんな感じ。

20160114124310228.jpg

そして、向こう側にあるのは




以前、スケジュール帳や家計簿を入れるのに、かわいいバスケットを買ったと書きましたが、それもテーブルの下にしまっちゃえばいいことに気がつき、私の席の下にも収納できるようにしました。
これで、気がついた時にぱっとノートを開きやすくなり、そしてすぐしまえるようになりました。

このかわいいバスケットは、どうしようかしらん。
バルコロール 

これで、テーブルの上は何もない状態を保てるでしょう
テーブルの上にな~んにもないと、子供たちも物を置きづらいようです ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク

ふきんの正しいお手入れの仕方

前日の記事の通り、私はほとんどふきんをつかわなくなりましたが、本当は、
中川政七商店 花ふきん

こういうふきんを使う(優雅な)生活がしてみたいです。

さてこういうとき、本当はどういう風にふきんを扱ったらいいのか、理想のふきん生活を考えてみました。

1 洗い替えのふきんを何枚か持つ(かごに入れておくなんてしたらおしゃれ♡)
2 台ふきんは、使ったら、できればそのたびごとにふきん洗いせっけんで手洗いして日に当てて干す ・もしくは電子レンジでチンして殺菌して室内に干す→完全に乾いてからしまう

そのたびが難しかったら、あとでまとめて洗えるように洗面器などに入れておく
3次に台ふきんを使う時は、きれいな台ふきんを新しく出す(同じふきんを使いまわさない)
4食器拭き用ふきんは、使ったらそのままふきんかけにかけて乾かす

5一日の終わりに、使った食器用ふきんと、使った台ふきんを手洗いして、レンジでチンしてから干す→翌日日に干す
6何日か一度、ふきんを煮洗いする

こんなところでしょうか。

煮洗いの仕方は、↓こちらが参考になります。
ふきんをせっけんで洗っていると、せっけんカスで重たい感じになってくるんですよね。
そこで煮洗いするとせっけんカスが落ち、ふわふわいいにおいに戻るので、私は煮洗いが好きなんです。

なお、 粗品のタオルなどをふきんにしている人もいるかもしれませんが、タオルは乾きにくく雑菌が繁殖しやすいのであまりよくないそうです。

あと、ふきんを洗濯機で洗っている方もいるようですが、少なくても食器用のふきんは洗濯機はやめた方がいいんじゃないかなー。
洗濯機の中って、あんまりきれいじゃないそうですから。

↓ふきん洗い用せっけんというのはこんなのです。ドラッグストアに売っています。


それで、ふきんは新しいうちは食器用→くたびれてきたら台拭き→さらにくたびれたら雑巾と使いまわす・・・
と、頭では分かっているけど、これって結構難しくないですか?

なぜなら、家族がいるから。
昨日まで食器拭きに使っていたふきんが今日から台拭きに格下げになったということ、自分はわかってるけど、家族に周知徹底させるって、実はむずかしい。
台拭きと食器拭きと、いっしょにかけておかない、別々のところにかける、「だいふき」と書いておくとか印をつけておくとかしないと、
台拭きで食器拭いちゃったりその逆があったり、じゃなければそのたびごとに「おかーさーん、これ台拭き食器拭きどっちー」と聞かれていちいちめんどくさかったりします。

まあそんなこんなで、私はキッチンペーパーを使っているんですが、ふわふわの蚊帳ふきんは、いくつか手元に持っていたい憧れの品のひとつです。

ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク

このページのトップへ