FC2ブログ

子供の古着をリユース団体へ送付

小さくなって着られなくなった子供の古着がたくさんあります。
まだ着られるのにもったいないので、古着をリユースしてくれる団体へ送る手続きをしました。

ネットで調べると、そのような団体がいくつもあります。
多いのは、集めた古着を買い取ってもらって、その収益でもって援助活動をする団体ですね。

中には、日本国内で古着を保管・仕分けし、海外からの支援要請に応じて現地へ発送しているという団体もあります。(日本救援衣料センターなど)
このような団体は、必要な人・地域に必要な物が確実に届けられているような気がします。
ただ、国内での保管費用、仕分けの人件費、海外への発送費など費用がかかるので、その費用もこちらが援助の形でお手伝いすることが多いです。
また、受け入れ先の国・地域が決まっているので、受け入れてくれる品目が決まっているところもあります。
(暑い地域向けなので冬物は不可、スカートは不可、靴カバン等は不可など)

前者のような、古着をまとめて売りに出したそのお金を援助に回すというのは、それはそれですばらしいことなのですが、その服はどこに行くかというと、

実は国際的に古着マーケットというのは大きな市場になっていて、途上国に大量に古着が流入しているために、その地域の繊維産業が打撃を受けているケースもあるとのこと。

純粋に、まだ着れるから困っている人に役立てばいいなあと思っただけなのに、そんなにきれいごとでは済まないんだなあと思ったり、そんなに世界中から大量に古着が入ってきているのなら、まだ着れるけどある意味着古したうちの子どもの服なんか、ほんとはいらないのかな、なんて思ったり、

そんなちょっと複雑な気持ちも持ちながら、手続きをしました。

前回は前述の日本救援衣料センター に送ったのですが、今回は靴があったので、いろいろ見てみて フクサポに送付しました。
(こちらは、海外へまとめて輸出するところです)

参考⇒  チャリティーで寄せられた古着にまつわる「国際的ビジネス」の実態とは?

関連記事
ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ