中学生のスケジュール管理:ゲームと勉強の記録

下の子も中学生になり、これから本格的な勉強が始まります。
私が子供の時には誰も教えてくれなかった、スケジュール管理を子供にはちゃんと教えようと思います。

以前上の子にも試みたのですが、性格からかめんどくさがってやりません。
ですが下の子は、学年トップをとりたいという野望もあって(^^;)、取り組む気になったようです。

スケジュールをすべて記録するのは難しいので、ゲームをどれだけやったかと、勉強を何をどれだかやったのかを記録してみようね、ということにしました。

スケジュール帳は、コクヨのキャンパスダイアリーウィークリーバーチカルA4

20160414174444219s.jpg 
ちょっとわかりにくいのですが、「下のメモ欄に、一週間分の勉強の計画を書き、上の時間枠に実際やった時間を記入しましょう、そうすれば、わぁー、自分はこんなに勉強したんだー、とかわかるよ」と。

中学生は学年+1時間勉強するのが目標ということで、まじめな下の子は毎日2時間の勉強時間を確保しようと、今のところは頑張っています。

そして、ゲームを始めたときと終わらせた時にも記録をしなさい、と。

自分で思っている時間と、実際の時間とは違っていることが多いです。
子供に何時間勉強したの、何時間ゲームやっているのと聞くと、勉強時間は実際より長く、ゲーム時間は実際より短く申告します(^^;)。

これ、うそついているんじゃなくて、本人は本当にそう思っているんですよね。
だからしっかり記録してみましょうと。


これから忙しくなる中学生活なので、自分が時間をどのように使っているかを把握できるようになってほしい、そして、勉強計画を自分で立て、管理できるようになってもらいたいと思いました。


下の子、ゲーム時間を捻出するために、結構ちゃんと書いていますよ。
まだまだ子供なので、声掛けをしたり、様子を見たりは必要ですが。

受験生である上の子こそ、もう少し計画的に勉強に取り組んでほしいのですが、性格なのか今更遅いのか、提案してもこの子は聞きません(-_-;)

下の子のスケジュール帳がうまく効果を上げるようになったら、少しは興味を持ってくれるかしら・・・?
関連記事
ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ