カンジダ、受診。

たまに思い出したように出る、カンジダの症状。
みなさんご存知と思いますが、カンジダは常在菌で、抵抗力が落ちたり抗生物質を飲んだりしたときに症状が出やすくなります。

今回、疲れてもいないし薬も飲んでいませんが、たぶん湿度が上がったせいではないでしょうか、かゆみが出てきました。
もしかして、この時期、同じように症状が出てくる方も多いのでしょうか。

今、ドラッグストアで市販薬も買えるようになり、 便利な時代になりました。

  
これですませちゃおうかなーとも思いましたが、 時間が取れたので産婦人科に行ってきました。
(この病院は、かつてはとても混んでいてかなり待ちましたが、先生が高齢になって分娩をしなくなったので、いつ行ってもすいていてすぐ診てもらえるので、行きやすくなったのです)

お医者さんに行って治療を受けたら(薬を入れる)、すぐかゆみはおさまり、一気に楽になりました。

-----
   
まあ、もうカンジダには何回もなっていて、自己判断できる人は市販薬でもいいかもしれません。
お医者さんにかかる時間の余裕がない人もいるでしょうから。
週の初めにすでに症状がひどいのに、土曜日までお医者さんに行けないとか。

ただ、本当にカンジダかどうかわからない人は、お医者さんに行った方がいいです。
かゆみがある病気はほかにもあり、それはこの薬では治らないからです。

-----
 
ドラッグストアで売られているこの薬は「第1類医薬品」です。
こういう薬がお医者さんを受診せずに近くのお店で購入できるようになったのはとても便利ですが、ところが思わぬ落とし穴があったりします。

「第1類医薬品」って、薬剤師さんがいるときしか販売できないんですよね。
田舎のうちの周りだけかもしれませんが、薬をお店に買いに行ったときに、薬はそこにあるのに、薬剤師さんがいなくて売ってくれなかったりするんです!

お医者さんを受診せずに直接お店に薬を買いに行くってことは、それだけ状況が差し迫っているってことじゃないですか。   
なのに、買えないって、すごく困るというか、意味ないじゃん!っていうか(-_-;)。

一度、車で何軒ものドラッグストアを回ったのに、結局買えなかったことがあります。
(田舎過ぎ!?)

-----

「第1類医薬品」をネットで買うこともできます。
お店の薬剤師さんとメールでのやり取りをする必要がありますが、お医者さんを受診する時間がなく、近くのドラッグストアでも買えなかった場合は、ネットで手に入れるという方法もあります。

楽天で買える、カンジダ用膣錠はこちらから⇒

カンジダ菌自体は常在菌ですし、決して恥ずかしいことではありません。
症状は結構不快ですから(かゆくて夜寝られなかったり)、面倒がらずにもしくは恥ずかしがらずにお医者さんに行きましょうね。  

関連記事
ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ