FC2ブログ

進研ゼミとZ会、お試し教材を試す

前回の、「学校の勉強が物足りないから塾に行きたい」という下の子小6。
中学受験をするわけではないから、塾というのも・・・とはいえ補習塾では目的が違うし。
だから通信教育はどうかな、と進研ゼミZ会 のお試し教材を取り寄せてみた、というお話の続き。

待ちに待ったお試し教材が届きました!
入っているパンフレット類は、やっぱり進研ゼミのほうが多い。
なにやらいっぱい入っていました。

で、内容は・・・
両方とも簡単そう(・・・やっぱり・・・)
ぱぱぱっと解いて、おしまい。

入っていたお試し教材が4月号の内容でしたので、すでに習った内容だということもあると思います。 
まだこれから習う内容だったら、もっとじっくり読んでじっくり解いて・・・となるのかもしれませんけれど。。。

Z会 はスタンダードとハイレベルとがあって、ハイレベルは割増料金が追加になります。
ハイレベルは記述問題がメインになるようです。
学校のドリルやテストは記述問題はあまりなく、記述式には慣れていないようで、そういう意味で子どもは「Z会のほうが少し難しいかも」と言っていました。 
(正確にいうと「内容が難しい」というより、記述問題を解き慣れていない、もしくは文章を書き慣れていないため「難しい」あるいは「めんどくさい」と感じたようです)
  

進研ゼミのほうは、学校のドリルと同じ、穴埋め問題でした。
ぱっと一瞬で終わらせてました。
進研ゼミは、年に2回国語と算数のサブテキストが届いて、それは標準コースと挑戦コースが選べるようです。
残念なのは、このテキストのお試しがなかったこと。
パンフレットとWebサイトには、見本が見開き1ページだけ載っています。
これがどのぐらいの難易度なのかもう少し知りたかったです。    

送られてきたお試し教材では一か月のボリュームもわかりませんし、とっつきやすくするために簡単めな問題をサンプルにしている可能性もあり、やはり、実際やってみないと本当のところはわからないのでしょう。 
サンプルでは「紙面の感じ」「子どもの反応」を見るぐらいなのかもしれません。 
  
試してみた結果、私としては、両方ともなーんかやっぱり簡単そうで、別にやらなくてもいいんじゃないかという気が。
難しい問題やりたければ、問題集やればいいじゃんって。
だけど夫が「そんなにやりたがっているんだったら、やらせればいいだろう」というので、じゃあどちらかに決めましょうということになりました。 

さて、どちらにするか。
問題の質としてはZ会のほうがいいような気がするけれど、進研ゼミは安いのに5科目あるしいろいろ付録もついてくるしお得感はある。

やるのは子どもだから、聞いてみました。
母「どっちが難しかった?」
子「どっちも難しくはなかったけど・・・どちらかというとZ会」
母「じゃあどっちをやってみたい?」
子「進研ゼミ」
母「えーっ、難しい勉強をしたかったんじゃなかったの?」
子「だって進研ゼミのほうが(漫画とかあって)楽しそうなんだもん」

・・・さすが進研ゼミです。
子どもの心のつかみ方は、さすがです。さすがしまじろうのベネッセです。

だけどさあ、安くないお金出して、それでいいの・・・???
夫に言うと、あいかわらず 「本人がやりたい方でいいじゃないか」と言うばかりなので、 「じゃあ、2か月ぐらいやってみて、物足りなかったら考えようね」ということになりました。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ


ところがまさかのどんでん返しが・・・!
関連記事
ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ