FC2ブログ

小学生・中学生向けのその他の通信教育・家庭学習教材(1)

子ども向けの通信教育や家庭学習教材、進研ゼミZ会 ぐらいしか思いつきませんでしたが、調べるとたくさんあるんですね。
  

パソコンやタブレットを使うもの


城南マナビックス  
わからない単元は前学年に戻ったり、次学年の先取り学習もできます。

スマイルゼミ
小学生コースは発展クラスがある 中学生コースはオーダーメイド型
勉強サプリ

料金がとても安い 応用クラスがある

進研ゼミ小学生講座でも、専用タブレットのコースができましたので、時代はその方向なのかもしれませんが、私が古い人間だから、『勉強は紙と鉛筆で「身体を使って」身につけるものだ』という思いがあるので、パソコンとかタブレットで、本当に学力がつくのかなあという思いはあります。

利点としては、
・紙の教材が送られてこないので場所をとらない⇒部屋がちらからないのはいいですね
・自動で丸つけをしてくれる、解説をしてくれる
⇒従来の通信教育、問題集は、丸つけやわからなかったところの解説を、親がするか子供本人が自力でする必要がありました。
デジタル教材はこの点が親の負担がなくなります。
低学年の子の自学用、また高学年の子でも、勉強習慣や基礎学力がついていない子などにはいいのではないかと思います。

本当は、中学生、高校生となると、「自ら学ぶ」という姿勢が必要になってくると思います。
理想を言えば、「自分で丸つけし、自分で間違いをみつけ、自分で正しい答えをみつける、考える」という過程が学力を伸ばすと思うので、自分の力でそれができる子は、このようなデジタル教材は必要ないような気はします。    
   

デジタル教材で魅力を感じた点


城南マナビックス は、つまづいた単元は前学年にさかのぼって学習できたり、逆にもっと勉強したい分野は次の学年の先取り学習ができることです。
これは市販の問題集や通信教育ではない機能なので、いいですね。

もっとすごいと思ったのは、
スマイルゼミ の中学生コース。
これは、オーダーメイド型と言って、ひとりひとりの解答内容から、その子の理解度を単元ごとに判定し、その子の実力に合った内容を配信するというもの。 

つまり、「もうわかっていること」はやらなくてすむのです。
これは、いいですよねー。

部活やら学校のお仕事やらでなにかと忙しい中学生。
効率よく勉強しないと結果が出ないのに、上の子なんか試験前に「できる問題」ばかりやっている。
「できる問題」はいいから、「できない問題」をやってほしいんだけど、「何ができない」のかがわからなかったり、できないからやりたくなかったりで、時間かけて勉強している割には効率が悪いんです。

なので、このように、「やるべき問題」だけを配信してくれるのならば、無駄なことをしなくてもよくなります。
個人指導の塾や家庭教師のようです。

また、できた単元は上の学年で学ぶ難しい内容にも進むことができます。
下の子のように、「簡単な問題はつまんない。難しい勉強をしたい」って子にもすごくいい。

同じように、定期テスト対策もオーダーメイドで、理解度に応じて優先順序をつけた勉強プランを立ててくれて、テストまでの残り日数、残り講座のカウントを表示してくれます。

今回は、下の子の教材を探していたのですが、成績が怪しくなってきた上の子中学生に、スマイルゼミやらせたくなりました。

勉強サプリの中学生コースも、間違えた問題の傾向から苦手分野の出題をしてくれるようです。

料金は、高 スマイルゼミ>城南マナビックス>勉強サプリ 安 の順になります。






続きます。
関連記事
ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ