通信教育・個別塾でなく、集団塾が向く子

私はずっと「塾不要論者」でした。
勉強は学校と家庭ですれば十分。
昼間学校で勉強して夜塾で勉強しなくてはいけないなんて、おかしいじゃん?
子供が塾通いで帰宅22時過ぎ、就寝24時近くなるなんて、おかしいじゃん?
そんなことより、部活とかをがんばったほうがいい。
子供時代、中学時代を楽しんだ方がいい。

ですが、下の子により、考えが改まりました。
私が認識していた世界は狭かった(^^;)


下の子は、小学生の時から「学校の勉強が物足りない、もっと難しい勉強がしたい。塾に行きたい」と訴える子でした。
ですが、中学受験をするわけでもないのに塾に行かせるのも、と、難し目の問題集を買ってやらせたりしていました。
中学に入学してからはZ会を受講したりもしました(英語・国語)。

ですが、中学入学後もずっと塾に行きたいと訴える。
中学に入ると、定期テストの順位が出ますよね。
下の子、成績がとてもよかったんです。
だったら塾に行く必要ないんじゃない?

私にとっては塾とは、成績が上がらないときに(嫌々)行くところ、だったのですが。。。


あまりにも塾に行きたいと訴えるので、ある時子供に聞きました。
「きみは、塾に、何を求めているの?」

すると返ってきた答えは、私の思いもよらないものでした。
子供は
「勉強のできる頭のいい人と出会い、友達になりたい」
と答えたのです!

これは、目から鱗でした。
確かに、これは塾でないと得られない。
確かに、家で問題集や通信教育をしていては得られない。
(そして、残念ながら学校でも)


これに衝撃を受け、ついに塾に行くことになりました。
下の子は学校で塾のリサーチをしており、すでに行きたい塾が決まっていました。。。
私も、上の子の塾探しをしたときに「下の子にはこの塾が向きそうだなあ」という塾があり、それが一致していたのでその塾にすることにしました。

その塾とは
  1. 子供の目的が「出会い・交流」なので、もちろん集団塾
  2. いくつか見学したなかで、その塾は勉強に関して「本気・ガチ」だった
  3. 他の塾はクラスのレベル分けが2段階だが、その塾は3段階だった(2段階の塾は、県トップ高を目指す子から偏差値55ぐらいの子まで同じクラスだったりするので、下の子の求めるものと違う)

12月末の冬期講習から塾に通い始めました。(Z会は解約しました)
一番上のレベルのクラスに入ることができたのですが、楽しくて楽しくて水を得た魚のように塾に通っています。
難しい勉強、見たことのないような問題、各中学のトップクラスの子たちとのかかわりも楽しく(休みの日にみんなで遊びに行ったりしています。塾は市外なので市外の中学の子たちも)、「おれ、こういうところを求めていたんだよー」と。

このクラスは宿題もとんでもなく出るのですが、年に数回クラス分けのテストがあり、成績が悪いと落とされてしまうので「何が何でもこのクラス(このメンバー)に残りたい」と、頑張っています。
この子にとっては、勉強とは「○○高校に入る」とか「成績を上げる」ためではなく、「望んで望んでやっと得られたこの場を失わないため」にするもののようです(^^;)。


自分の中で「塾通い=勉強漬けは悪」のような思い込みがあったのですが、下の子の場合、「塾は楽しい場所、そこにいるためのパスポートが勉強(成績)」なんですね。
これは私の知らない世界でした。

個別塾が向いていた上の子、集団塾でないと意味がない下の子、知人のお子さんでは通信教育が向いている子もいます。
そして塾も様々です。
学校を取り巻く環境も変わってきています。
なるほどなーと思うことの多い下の子の塾生活です。
関連記事
ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ