小学生の通信教育、大どんでん返し スピードラーニング

前回からの続きです。 

子どもは楽しそうな進研ゼミがいい、と言い、私はそれじゃ物足りないんじゃないかと思い、夫はやりたいものをやらせればいいじゃないか、と言い、じゃあ、試しに数か月やってみましょうということになり、 さて、いざ申込書を書こうという段になって。

それまでやりたがってるだからやらせればいいと調子のよかった夫、支払いは自分がすると気がつき、我に返ったのでしょう。
夫、とつぜん古い記憶がよみがえりました。
夫「そういえば、前に買った、スピードラーニングはどうした」

なんだいきなり!?
・・・でもそういえばそういうのあった!

夫「あれ、すげー高かったんだぞ!」


上の子が小学生高学年の頃、中学へ行って英語に困らないようにと、スピードラーニングジュニアを買ったのです。
でも、本人が全く興味を示さず、忘れ去られていたのでした。

・・・ということで、結局、↓こういうことになりました。。。

私「進研ゼミじゃなくて、スピードラーニングやろう」
子「えー!!!」
私「だってさ、難しいことやりたいんでしょ、毎日の家庭学習(←毎日何かやって先生に提出する)、やることなくて退屈なんでしょ」
子「えー!!!!!!」

なんと、期待させておいて、子どもにとってはまさかの大どんでん返しとなりました・・・


小・中学生向きスピードラーニングジュニアはこちらから↓


大人向けスピードラーニングはこちらから↓

-----

その後。

スピードラーニングでは納得がいかない子ども(そりゃそうだ)。
毎日スピードラーニングやっているんですけれど、「やっぱりなんか勉強したい」
(スピードラーニングは本人の中では勉強にカウントされていない様子

特に何が勉強したいか聞いたところ、「算数か歴史」ということだったので、中学の歴史の問題集を買ってやってみることになりました。
世界史の分野は小学校では習っていないのですが、わからなければ解説を読んだり聞きに来たりして自分でどうにかしています。
やはり興味があることはわからなくてもやる気になるようだし、そもそも勉強とはこうやって自ら知識を深めていくもの。
この歴史の問題集が終わったら(一日見開き1ページしかやらないので、終わるのはずっと先ですが)、次は理科をやりたいそうで、小学生のうちはこれでいいのではないかなと思います。

様子を見ていると、この子だったら自分で勉強を進めていけそうなので、通信教育もためずにやっていけるかも。
中学生になり、必要だったらまた再度進研ゼミかZ会を検討しようと思います。

関連記事
ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ