やっぱり、自律神経失調症にはカフェインはだめなのね。。。

今日の午前中いっぱいまで寝て、ようやく、体調復活しました。

昨日の目覚めからすでにだるさで動けず、悪寒から発熱(微熱・37度台)、体中の痛みや軽い頭痛。
これだと、普通、風邪?と思いますが、

私の場合、これに、
胃腸の活動停止
(胃腸が動かなくて食べたものがずっととどまりおなかがパンパンに張る。
ガスもたまって苦しい、お茶も吸収されない←イオン飲料ならばOK)
が加わるので、

自律神経失調症キター

でした。。。

頻脈(安静時1分間110ぐらいありました)、呼吸少し早め(息苦しさはありませんでした)などもあります。
体が痛くなるのは、体内の酸素濃度が下がるかららしいですね。
あと、頻脈は、水分が取れなかったので(胃が動かなくておなかがパンパンになって苦しいので)、脱水気味だったからもあると思います。

-----

子供のころから調子が悪くてお医者さんに行っては、「自律神経失調症ですね」と言われてきたので、体質的なもののようです。
年に数回、こんなことが起きます。
疲れやストレスが溜まって、プチっと切れた状態を想像していただければわかりやすいと思います。
体からも心からも力が抜け、内臓の活動もストップした感じになります。

ですが、熱が出るほど、1日半寝込むほどひどくなるのは数年に1度くらいなこと。
今の生活はこれまでの人生で一番のんびりできているので、なんでこんな超平和な毎日でこんなひどい症状が出たのかでした

-----

ふと、思いついたのが、「カフェインか!?」

私はカフェインがダメで、紅茶や緑茶も量飲むと調子が悪くなります。
コーヒーもそうで、スタバのコーヒーなど、飲んで数十分後には動けなくなるぐらい症状が出ます。
(缶コーヒーだとそんなひどくはならないので、スタバのコーヒーって濃いんでしょうか)

(※2/21追記
スタバのコーヒーを飲むとだるくて動けなくなるのは、カフェインのせいではなくて、どうやらスタバの甘いコーヒーの大量の砂糖による、低血糖症の症状のようです)

でも、コーヒーの味や香りが嫌いなわけではないので、懲りずにたまに飲んでは、それでまた苦しんだりするわけです


夫が先日、コーヒーをいただいてきました。
コップにセットしてドリップするタイプのです。
普段うちではコーヒーを買わないので、珍しいのでドリップしてみました。

一口飲んでみたら、やっぱりデカフェコーヒーとは比べ物にならないほどおいしいです。
症状も出ません。
一日一杯だったらいいかな、私は低血圧で午前中がだるいので、午前中飲んだら活動的になれるかな、と、この3日間ぐらい続けて毎朝飲んだのです。

コーヒーを飲み始める前は、コーヒーと一緒にいただいた紅茶を、「デカフェの紅茶とはやはり香りが違うなー」と、やはり午前中1杯飲んでいたりしました。

コーヒーか紅茶はどちらか1日一杯まで、は守っていましたが、1週間ぐらい「カフェイン」を取り続けたせいで、今回の症状が出たのだと思いました。

ネットで検索すると、やはり自律神経失調症にはカフェインはダメ!と書かれていますね。

これを証明するには、もう一度毎日コーヒーを飲むのを試してみればいいのですが、怖くてそんなことやる気にはなりません

-----

実は、今回寝込む前日、「シリコンバレー式」というダイエット法を知り、興味を持ったところだったのです。
簡単に言えば、バターコーヒーダイエット法です。
試さなくてよかった。。。
無謀な試みをする前に、神様が、ストップをかけてくれたのかもしれませんね

aco


関連記事
ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ