そろそろ受験も現実的に~通信教育

 上の子は中学2年生、そろそろ高校受験が現実になってきました。

ですが、2年生になってから成績が下がり始めました。
2年生2学期の前期テストの結果より、このままではまずいこと、そろそろ勉強にも目を向けること、必要ならば塾に行かなければいけないかもしれないことなど、ことあることに話してきましたが、

何分にもお年頃(=反抗期)でもあり、なかなか素直にハイとは言いません。
塾には行きたくない。
だけど親の言いなりに勉強もしたくない。

2年生の1学期までは、「勉強はちゃんとやっている」「自分のやり方で勉強したい」と、親の口出し手出しを受け入れず、私も様子を見ていました。
ですが、成績が下がる一方なので、2学期になってから、「勉強のやり方を改善する必要があるから」と言い聞かせ、毎日バトルを繰り返した結果、ようやく私が勉強を見る形で家での勉強を始めました。

数学と英語の問題集を買ってきて、1日見開き1ページづつやらせます。
答え合わせは私がします。
なぜなら、何が理解できていないのか、間違いの傾向は何か、ということが本人ではつかめないようなので、そこを見つけ指導するためです。

それを2学期に入って(バトルを繰り返しながらも)続けてみたら、2学期後期の試験は少し結果が出てきたようです。

ですがまだまだ。
それに、親子での勉強はどうしても甘えや感情が先に立つので本当は客観的に勉強したほうがいいし。
塾に行かない家庭学習だと、受験情報も入ってこないし、外の刺激(学力的に自分が位置にいるかという刺激など)もないので、受験勉強が現実感に乏しいものになると思うし。

どうしても塾は嫌だというので、それではまずは通信教育を始めてみて、それでも勉強しないようだったら塾に行かせるぞ、ということで3学期より通信教育を始めることになりました。

テキストの通信教育は市販の問題集をやっているのと同じのような気もしますが、長丁場の受験勉強、それでは単調で飽きてしまう・・・という人には通信教育、

そして、通信教育はやっぱりやらずにためちゃうのよねー、という人には塾でしょうか。

それで、通信教育は進研ゼミZ会 と、スマイルゼミ の、どれにするかという話になりました。

関連記事
ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ