進研ゼミ届きました



6日の夜に申し込んだ進研ゼミが、今日8日に届きました。
早いですね~。

Z会は一週間後にスタートセットが届き、実際の教材が届くのは1ヶ月以上先と言われましたから、すごい違いです。
やる気になった時にすぐ届くというのは大切なことと思います。

中身を見てみると、なるほど、解説が至れり尽くせりです。
子供は「これだったらわかりやすいかも」「ひとりで勉強できそう」「これをやれば成績あがるかもしれない」と言いました。

さすが進研ゼミ、子供の目線での教材作りは上手なのだと思います。

ですが、実際やらせてみると、うちの子の場合、少なくとも最初のうちは親のサポートが必要なようです。

というのは、これまで学校でやらされていた勉強法が「ワークの問題を解く(=回答欄を埋める、ノルマ消化の勉強法)」だったため、

通信教育の「自分で解説を読み、理解する」という勉強法が理解できていません。

また、「答え合わせをして、答えの解説を読み理解を深める」というのもわからないようです。

例えば、
解説は読んでいるのですが、問題を解くと間違っていて、指摘すると「だってこれは学校でやっていないからわからない」。
じゃあ今読んでいたのはなんだったの?と思うのですが。

学校では先生の授業という、「音声や動きのあるものから」「教わる」わけですが、

通信教育の「文字」により「自分で学ぶ」という勉強方法が理解できない、もしくは目から入ってくる情報の整理が苦手な可能性あり。

また、答え合わせも、間違っているところは答えを書き写して終わり。

最初のうちは隣で見てあげる必要がありそうです。

勉強が出来る子というのはこういうのが自然に身についているのでしょう。

そうでない子は、いくらよくできた教材でも、与えっぱなしでは効果が出ず、そのうちつまらなくなってやらなくなってしまったりするような気がします。
関連記事
ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ