副鼻腔炎・鼻づまり解消のツボ

副鼻腔炎にはなたまめ茶がいいそうなので、今、よさそうななたまめ茶を探しているところです。

ところで、これまで、鼻づまりで息が苦しくなった時や、副鼻腔炎の症状が出始めて鼻や顔面がもやもやじりじりし始めた時、痛みが出始め、でもお医者さんにすぐ行けないときなどは、応急処置で顔のツボを押していました。

イラストが描けないので、文章での説明でわかりにくいかもですが、
・小鼻の横(結構痛い)
・生え際の中央(生え際より指1本分ぐらい上)
・眉間
・頬骨を下から上に押す(これも結構痛い)
・目の周りを骨に沿って

押し方は「じ~んわり押す」
1、2、3と少しずつ力を入れていき、そのまま3秒キープ、そして1、2、3と少しずつ力を抜いていく、という感じに。

私の場合、じっくり押していくと、軽い鼻づまり程度であれば解消します。
痛みが出てしまっているぐらいになると、痛みが取れるまでにはなりませんが、詰まっている鼻が流れるのを感じるようになったりします。

痛みが出てしまうと、もうお医者さんで薬をもらわなければ対応できなくなるので、痛みが出ないようにするために、普段「鼻が詰まり気味だな」と思ったときに、ちょこっと押したりしています。
関連記事
ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ