昨日買った本『読んだ分だけ身につくマインドマップ読書術』

昨日買った2冊の本のうちの一冊は、『読んだ分だけ身につく マインドマップ読書術 (アスカビジネス)

読んだ分だけ身につく マインドマップ読書術 (アスカビジネス)

楽天ブックスはこちら

マインドマップとはなんぞや、を説明するととても長くなるので、簡単にひとことで言うと、マインドマップとは頭の中で考えていることを整理するための方法です。

数か月前マインドマップに興味を持ち、2冊本を買って読みました。
マインドマップの描き方はわかったのですが、実際にどんな時に使うのか、どのように利用したらいいのかが今一つ理解できませんでした。

また別なこととして、実用書の類の本を読んでいて、要点だけまとめたものを作ろうといつも思っては挫折していました。
あとからまた本を読みなおすのは面倒なので、「要するにこういうこと」というまとめを作りたいといつも思っていたのです。

この本は、一冊の本を一枚のマインドマップにまとめる方法が書かれています。
これが私がしたかったことでした!

実際にやってみると、マインドマップを描く過程で、本の中身が整理されすっきり頭に入ります。
一冊の本を読み切った、内容を吸収しきった満足感を持てました。

また、この本の価値があるところは、「本を読んだ後に読みっぱなしにしない」方法まで書かれているところです。
実用書の類は、読んでおしまいでは何にもなりません。
読んだ後実践しないと、変化は起きないわけです。
次にどう行動を起こしていくか、読んだものをどう自分の身につけていくか、までマインドマップを使った実際例で紹介しています。

著者はマインドマップ、フォトリーディング、コーチングの講師をされている方だそうで、この3つがマインドマップを中心にうまく結びついていて、私にとってはまさに求めていた本でした!

傍らに、いつかまとめたいと思っていた本がたくさん積んであるので、マインドマップを描きながら読んだら楽しそうです。

関連記事
ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ